就職活動Q&A

Q3 面接試験における注意点を教えてください。
A3  面接の一般的なパターンと特に注意する点を説明します。

面接の一般的なパターン

個人面接・・・
担当者(ラインの担当者を含む)→担当部署の部課長→取締役などの幹部



  担当者面接・・・
    実際に仕事をする部署の担当者も参加して、応募動機や何ができるかなど実際に働く職種との適性などをチェックする。



  部課長面接・・・
    担当者面接で聞いた内容を、再度確認したり、将来的な展望などを聞く。



  取締役面接・・・
    本人の人間性(会社への貢献度や社風に合った人材か)などを重視して面接を行う。


集団討議・・・
あるテーマを出題し、自由に討議させる形式。例えば、人事担当者が、観察者になり、 学生12~13人を一単位として、そのテーマについて話し合う。 (リーダーシップ、的確な回答、人の話を聞く力などを試験することを目的としている。)


集団面接・・・
個人面接の応用で、3~8人を一単位として、面接を行う。
ただし、他の人が発言しているときの態度や反応も面接担当者は見ているので注意を要する。


特に注意する点

Q&A(目次) 次へ>>

このページのトップに戻る
各種セミナー.jpg インターンシップ制度.jpgimg_logo_site.jpg

東京外国人雇用サービスセンター

〒163-0721 東京都新宿区西新宿2‐7‐1小田急第一生命ビル21階

Copyright(c)2011-2012 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.